交通事故による怪我

交通事故は年間約60万近く起こっているとされており、車社会となった現代では誰が被害を受けてもおかしくないというのが現状となっています。そのためもしもの時ということを考えて、どのようなサポートがあるのかを知っておく事が一番重要な事となっているのです。

交通事故は歩行者対車というのが一般的ですが、最近ではスマホを見ながら自転車を運転していたり、音楽を聴きながら自転車を運転する方が増えております。そのため歩行車対車という事故も増えているのが現状です。自転車でも坂道の下り等になると相当なスピードが出るため、歩行者にぶつかってしまうと後遺症を負ってしまうほどの事故にも繋がるのです。交通事故は車だけではなく自転車でも起こりうる事なので、自分がいつ巻き込まれてもおかしくないのです。車を使用しないから交通事故とは無縁だという考えは危険な事になります。

交通事故で一番怖いのは被害を受けて、遷延性意識障害という植物人間になってしまう事です。植物人間になってしまうと自分一人で生活するのは困難ですし、1人で生活するにあたってサポートが必要になります。もしも交通事故にあって大変な後遺症を負っても自分らしく生活していくためにどのようなサポートがあるのかを把握しましょう。

最悪な状態になっても楽しく生活していくために情報だけでも知っておきましょう。これから遷延性意識障害と国からのサポートと自分らしい生活という視点で詳しく紹介します。